地味に大ニュース。

こんにちは。

今日発売のスーパーカブ110。(ホンダのページへ)

少し前に50ccの方が排ガス対策でインジェクションになって、久しぶりの大きなマイナーチェンジだったんですけど、90ccの方も110ccになるということで、「おおっエンジン本体まで換えてきたか。なかなか大きなモデルチェンジだな。」と思って110のホームページの画像をみていたんですよ。

でも、写真を見てると、なんか違うんですよね。全体のイメージが。よく見ると、シート下あたりが、どうやらフルカバーになったように見えるんで、「あー、少し近代化したね」と。ヘッドライトなんかマルチりフレクターで今風になってるし。ウインカーなんかもつるっとしたクリアタイプになってるし。

で、ひとしきり観察して、あれっ?と思ったんですよ。

「なんで、リヤフェンダーまで樹脂のフルカバーになってるの?と。」

・・・

・・・

なんと!!!

パイプフレームになってる・・・

これはすごい。あのモナカフレームを、ついに捨てたらしいです。

50年ぶりの大フルモデルチェンジですよ。

ディスカバリーチャンネルのバイク特集でも世界でNo.1のバイクとして認められた、タフネス振りが売りだったスーパーカブにとって、吉と出るか凶と出るか興味深々です。(→この動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました